脱毛処理する時に血が出てくる原因は?

プロに任せずに自分で無駄毛脱毛している人も多いですね。
サロンなどに行くと綺麗に仕上げてくれますが、美容にどの程度のお金をかけるのかはその人の価値観により、いろいろだからです。
でも、自己処理する時に起こるのが、肌トラブル。時には血が出てしまう事もあります。
ここでは脱毛処理の時に血が出る原因と対処を見ていく事にしましょう。
脱毛処理する時に血が出てくる原因は?
・血が出てくる原因
剃刀での自己処理は手軽にできますが、スムーズにできるのは体の平な部分に対してだけです。
無駄毛処理している時に、時にはめんどくなくなる時もあります。
そんな時、ついつい手を抜いてしまい、その瞬間に剃刀で皮膚を切ってしまう事もあります。
また皮膚ごとそぎ落としてしまうケースもあり、血が出てきます。
それから、毛を抜いた時にも血が出てくる事があります。
これは抜き方に問題がある時もあるのですが、実は毛周期のどのタイミングで毛を抜いたかでも、変わってくるのです。

毛を抜いた時に血が出るか出ないかは、その毛周期の違いも大きいです。
力もたいしていらずに、スッと抜けてくれる毛もあります。
これは成長過程を終えてしまい後は抜け落ちていくのを待っているだけの無駄毛。この毛は抜いても血が出ません。
対して血が出てくる無駄毛は成長過程最中の毛です。
この時期の毛は毛細血管から成長するための栄養素をどんどん吸収している状態にあります。
ですから毛細血管に直結している状態にある、まだ活力がある毛を抜くと、血管が破れてしまい血が出てくるのです。

・対処の仕方
剃刀を使う時にはクリームなどを使い、また部位によっては幅の狭い剃刀を使うなど臨機応変に使い分けましょう。
毛抜きをする時は毛周期を見た目だけで判断するのは難しいです。
できる事なら毛抜き自体もあまりしない方がいいのですが、もしも、血が出た時にはそこに肌トラブルを起こす事がないように、清潔にするように心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *